鍋屋横丁子ども食堂 支援

中野区には、地域ボランティア活動として、複数の子ども食堂がありますが、新たに鍋屋横丁地区に子ども食堂をオープンする運営者への支援を行いました。 2018年から例会で、子ども食堂のコンセプトや運営方法などをお話いただき、会員の理解を深めながら、運営者と共に計画を立案しました。 その後、地区の補助金制度を利用しながらクラブとして支援することを決定し、2019年11月に【なべよこ みんなの食堂】をオープンいました。 ボランティア活動ですので、当クラブからは、調理器具をはじめ皿等の提供、パソコン寄付や家賃や光熱費などを支援しました。 今後も、子ども食堂に限らず、地域の奉仕活動を支援、また新型コロナウィルス感染症関連で、当クラブが奉仕できる取組みもおこなってまいります。

岩手県陸前高田市立横田小学校への支援

2011年3月11日、東北地方から関東を襲った東北地方太平洋沖地震は沿岸部全域に破滅的な被害をもたらしました。
当クラブでは、その被災地である陸前高田市立横田小学校へ、奉仕活動の一環として、支援金や教材を届けております。2012年4月から支援を行い、毎年有志による支援訪問を行い、また児童からは手作りの感謝状が届くなど、横田小学校とクラブの絆は深まりました。
2019年3月、仮設住宅撤去にともない遊具を校庭へ移設することができました。
これを機に、横田小学校への支援を一区切りすることにいたしました。
支援当初1年生だった生徒も卒業し、4名の校長先生方との交流や子供達の笑顔に支援できたことは、ロータリーアンとしての誇りになりました。

自動販売機の販売募金

クラブ会員の事業所など空きスペースに自動販売機を設置し、販売に応じて東北地方太平洋沖地震被災地へ募金できる取り組みを行っております。