ごあいさつ
「広げよう奉仕の輪、親睦・友情の輪」

 今年度の会長スローガンを上記といたします。

ロータリーは奉仕団体である。ともすれば日々の活動においてその大命題を我々は忘れがちです。払っている年会費の中で然るべく措置が取られているのであろうと言う事で、日々意識することなく過ごしていることも多いことだと思います。 今一度、我々会員がこの大命題を再確認し、自ら奉仕をする喜びを具現化し、もっと社会に貢献できるクラブになりたいと切に願うものであります。

しかしながら、その活動が活気にあふれ楽しくなければこれはまた意味のない活動と言わざるを得ません。 毎週の例会が明るく楽しい例会であり、会員相互の友情が更に深まり、新しい仲間づくりへと発展していくようなクラブ運営を心掛けていきます。

具体的には社会奉仕活動において、当クラブと密接な地域での奉仕すべき先を選定し、具体的に何をするか決定し、会員が自ら奉仕をし、その喜びを体現化したいと考えます。

また会員の職業の推進において、会員同士でのビジネスの交流をもっとしていきたいとおもいます。ロータリーの発祥の目的は信頼できる仲間とビジネスをすることであったと聞いております。ロータリーの場でビジネスの話はご法度などと言わず、各々のビジネスの内容をよく聞いて、自分のビジネスの展開に使える手法がないか、新しいビジネス展開ができないか互いに切磋琢磨する場となるようにしていきたいと思います。

2018~2019年度 会長 松林 茂